新型NIPTを受けたレポと結果@ヒロクリニック

アラフォーで妊娠すると出生前診断をしようか悩みますよね。

トリプルマーカーやクワトロテストで分かるのは確率だけで余計悩み度が増しそうだなと思ったことはありませんか。

37歳ということもあり、11週で新型NIPTを受けて来たので、体験談やプランなどをまとめてみました。「実際どうなんだろう?」と思っている方の参考になりますように。

目次

『新型NIPT』とは?

検査名期間検査方法分かる事流産リスク
コンバインド検査11週~13週超音波検査、採血確率なし
トリプルマーカー15週〜18週採血確率なし
絨毛検査10週~13週お腹に針を刺す100%わずかにあり
羊水検査15週以降お腹に針を刺す100%わずかにあり
★新型NIPT10週以降採血99.9%なし
参考資料:兵庫医療大学

 血液検査のみで判定精度99%

 10週から検査が受けられる

流産リスクなしで高い精度。

 年齢・病歴制限なし

ヒロクリニックの検査当日の流れ

予約した時間に到着後、看護師さんと少し面談し、その後ipadで各プランの動画視聴。

プラン最終決定後に今度はお医者さんとの面談。不安に思うことなど話します。

書類にサインしたら、採血し終了。所要時間1時間ほど。

3~7日で結果が分かる

受付で聞いたところだいたい3,4日で分かることが多い様です。結果はすべてネット上で即確認可能。

「検査結果受領済」から「シークエンスの分析中」までは割とトントン進んで行った気がします。「シークエンスの分析中」から「検査結果」が出るまではだいたい12時間ほど(長く感じるし実際長い)。

血液検査の結果を受けてみて

親戚にダウン症の子がいて気になっていたのもあり、21トリソミーだけ検査することにしました。

結果は陰性でした。

この検査結果を知った後、12週で妊婦健診があったのですが、エコーで元気そうな赤ちゃんの様子は知れたものの、

「まだ小さいから(先天性の障害があるかなど)いまは分からないね」と先生。

ブログなどを読んでいると、妊娠初期にダウン症かどうかは11週0日〜13週6日の時期にエコーでNT(赤ちゃんの首の後ろのむくみ)を診て言及されることが多いのですが、確認する素振りもなくて…汗。

第1子の時も全く同じで、不安でした。

妊娠初期にちゃんと確認してくれるかは、エコーを担当する先生に完全に寄ると実感。

親戚のダウン症の子の場合、産まれて数日経つまで気づかなかったこともあり「受けておいてよかった」と思いました。

無認可施設で新型NIPTを受けるメリット

無認可施設認可施設
検査を受けるまでの期間当日予約も可(ネット予約)紹介状
前もって遺伝子カウンセリングの面談
結果判定までの期間3~7日2週間(参考資料:兵庫医療大学)
検査条件なし35歳以上
過去に遺伝子異常児を妊娠したことがある
夫婦同伴
検査項目1~22トリソミー
性染色体異常
微小欠失検査
13,18,21トリソミーのみ
性別判定分かる分からない
検査費の相場5万~24万20万前後(参考資料:兵庫医療大学)

10週目から検査可能、羊水検査の補助金あり

早い時期に結果を知ることが出来ます。

ヒロクリニックの受付で聞くとだいたい結果は検査当日を0日としたら3,4日後には分かるとのこと。(特急便を使うと最短2日)

陽性の場合も、確定検査の羊水検査の費用20万補助(互助会3千円※ヒロクリニック)。※施設に寄っては認可でも無料の場合があります。

羊水も通常20ml必要なところ5mlのみで可。羊水を実際に取る場合は他の病院を紹介されます。

34歳以下や夫婦同伴、紹介状がなくても可

特に制限なく、ネットの予約のみですぐに受けられます。

認可施設より安価

認可施設と同じミニマムプラン(13、18、21トリソミー検査)プランで8万~9万円(税抜)

認可だと20万前後が相場。(参考資料:兵庫医療大学)

認可施設にはない全染色体領域部分欠失・重複疾患、性別も検査可能

※小さい欠損の場合など検出できない場合もある。

認可施設では検査できない1~22までの全てのトリソミー、性染色体、微小欠失検査、性別も調べられます。

無認可施設で新型NIPTを受けるデメリット

施設によってはまだ検査実績が少ない

ヒロクリニックが安価で速いのは、日本国内の検査施設で実施しているためです。

まだ新しい施設なのもあり検査実績が少なく(現在5000件超え)、高くても他の海外へ検体を送るクリニックを選ぶ方も。

カウンセリングが疎か

分娩予定の大学病院で、先生に新型NIPTを受けた話をしたら、

「無認可施設?ちゃんと詳しい説明はあった?」

と聞かれました。

確かに、もし陽性だった時どうするかなどの遺伝子カウンセリングは有料だったので受けませんでした。

無認可施設でのNIPTで懸念されるのは、カウンセリングや陽性後のフォローを十分しない故に、利益優先と言われているところ。

私の場合、担当の先生が産婦人科医ではなく麻酔科医(!)だったので、ほとんど質問できず困りました。

※予約時に産婦人科医が担当の日か確認をおすすめします!※

特に初産だと子育てが未知で悩むことも多いだろうと思うので、遺伝子カウンセリングを無料で何度も受けられるクリニックだと安心できます。

各クリニック主要プラン比較表 

主要プランラジュボー
クリニック
ヒロ
クリニック
平石
クリニック
認可
クリニック
単一遺伝子検査
※性別なし
なし
税込 55,000円
なしなし
13,18,21トリソミー検査
※性別なし
(認可施設と同じ)
税込88,000円
税込 99,000円
なし相場200,000円前後
13.18.21トリソミー検査
+性染色体検査+性別
税込132,000円
税込 132,000円
税込198,000円
なし
1~22番トリソミー検査
+性染色体検査+性別
税込165,000円
税込 165,000円
税込231,000円
なし
1~22番トリソミー検査
+性染色体検査+
微小欠失検査+性別
税込187,000円
税込 264,000円
税込253,000円
なし
公式サイト公式サイト公式サイト
料金参考:各公式サイト

おすすめ新型NIPTクリニック ベスト3

1位 費用が抑えられる『ラジュボークリニック』

 1番検査費が安くフルセットプランでも17万で受けられます。

 無料で遺伝子カウンセリングも有り。

 施設数は少ない(東京、名古屋、大阪、博多、沖縄)

2位 速い!プラン充実『ヒロクリニック』

 主要都市に分院(札幌、仙台、大宮、東京、横浜、名古屋、大阪、岡山、博多)。

 国内検査施設なので結果までのスピードが速い。

 まだ検査実績が少なめ。

 プランが充実。他のクリニックでは実施してない検査も有。

 遺伝子カウンセリングは有料。

3位 地方でも行きやすい『平石クリニック』

 ほんまでっかTVで紹介。

 主要都市に分院+提携病院(札幌、新潟、東京、埼玉、千葉、愛知、大阪、滋賀、広島、山口、福岡、沖縄)。

 プランは3種類のみ。

 料金は高めですが施設数が多く地方でも行きやすい

 認定遺伝子カウンセラーと無料で何度も相談でき安心。

家路モニエ(ちゃちゃ)
WEBライターブロガー
4歳息子との3人家族。第2子妊娠中。ゆる自営業。
やんた4歳(やんちゃ小柄ボーイ/偏食/おやつ大好き)がなんとかご飯を食べてくれるように日々格闘するためブログを書き始めたのがきっかけ。
献立キットブログ中心に育児や生活に役立つことをお届け!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる