一般家庭でもできる幼児からの英語教育!日本語版と英語版の絵本を読む

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

幼児からの英語教育!日本語版と英語版の絵本を読んでみよう

平凡な一般家庭でできる英語教育とは…?

留学せずにYoutubeで学習しネイティブの発音を会得した人が増えているそうです。便利な世の中になりましたね。

私は大学受験しようと思い始めるのが遅くて勉強には苦労しました。将来の子供のことを思うと、押し付けがましくなく楽しく勉強するにはどうすればいいだろうと考えてみると「勉強を勉強と思わない」ことかなと思います。小学生になるとそうも言ってられないかもしれませんが。

自分の英語教育といえば、小2,3くらいから英会話のイーオンに通っていました。いま思うとこの英会話は全然身につきませんでした。まず日本人の先生で完全にカタカナ発音だったし、アメリカから転校生が来て(日本人)、英会話で習った自己紹介をしてみたら「何言ってるか、全然わかんない!」と言われたこともトラウマ。笑

英会話のイーオンは、文法の勉強はほとんどしなかったと思います。そもそも何を目的に英会話に行ってるのかも分からなかったので、全然身につきませんでしたね。

幼児から教えてくれるなら文法なしでもいいかもしれませんがもう小学生になっていたし、教えてもらってないのに「to」ならもう分かるでしょ?と言われたこともありました。でもその先生が言う“分かる”の意味が分からなくて。もう感覚的に「to」なら文法的な使い方が分かるでしょ?って意味だったのかな…謎です。

そんな過去を思い返してみると「意味が分かる+覚える」が大事かなと思います。丸暗記ではなくて。

そこで考えたのが、同じ絵本の日本語版と英語版を読む

大学受験でやってたことって、結局ひたすら覚えることだと思います。よくZ会の速読速聴英単語で勉強してました。結局は単語や熟語を覚えるってことなんですよね。ただ、意味がよく分かってないままだと意味がないと思うのです。

なんで日本語と英語の絵本を読むかと言うと日本語版も読むことでちゃんと意味まで分かるようにして英語を覚えるのが大事かなと個人的に考えたんです。

ただこれだと文法どうする問題が解決してないのでそこら辺はこれからの課題ですね><

日本語と英語をひたすら覚える…!できることからコツコツやるしかないんですよね…。ただ、受験用のためだけに英語を勉強してもらいたいというわけでもないですが、それはまた別のお話。

とりあえず手始めはいつも読んでる絵本から英語に触れてみる。

なんだか偉そうに書いていますがまだレオ・レオニ「あそぼうよ/Let’s Play」のこの1冊×2しか持ってません。増やしたいですね。

最近はこの最後のページで日本語版を読んでいる時は「ぐっない!」英語版を読んでいる時は「おやしゅみぃ!」と言ってくれるようになりました。

ただもう一つ懸念材料なのが、私の英語の発音。カッタカタのカタカナ発音です。探してみるとこの「Let’s Play」を英語で読んでいるyoutube動画を見つけたのでブックマークしておきました。

日本語版と英語版がある絵本

「スイミー」のレオレオニや「はらぺこあおむし」のエリックカールの絵本は日本語版も英語版も豊富にあるみたいです。集めたい…!「英語で読めるシリーズ」という英語と日本語が一緒に書いてある絵本シリーズもありました。

英語を知識だけじゃなくコミュニケーションとして使うには

やっぱりお友達を作って喋るしかないだろうな~と思います。理想とするのは、ちょっとおおきくなってから夏休みとかにちょっとだけ留学みたいなプログラムに参加してみるのがいいなーなんて思います。もちろん、本人が行きたいと言ったらの話です。後もちろんお金の問題もクリア出来たら、ですが。

タイトルとURLをコピーしました