妊活中のつらいPMS,PMDD対策を調べてみた

目次

PMS、PMDDがひどいが妊活中はピルが飲めない!

管理人の悩みでもあります。PMS、PMDD。

やんたを産んだ後、生理が再開してから、それはもうひどいPMS,PMDDの症状が出ました。

月の半分くらいは別人になってしまい、普段考えないような事をぐるぐる考えて夫に涙ながらに語りだすが、生理が来るとケロッと忘れるというとてつもないやっかいぶりでした。

婦人科に駆け込み、低用量ピルを飲むようになると症状は落ち着きました。

すっごくほっとしましたね。

それまで、家庭の空気はとても悪かったんです。

そしてまた妊活を少し考え始めました。

もうアラフォーですし、先の事はどうなるか分かりませんが…。

妊活を考えるとなるとやめなきゃいけないのがピルです。

しかし、ピルをやめると、再開してしまうのがPMS,PMDDとの戦いです。

PMS,PMDDを緩和できる漢方とハーブを調べてみた

PMS,PMDD向けの漢方

加味逍遙散(かみしょうようさん)

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

桂枝茯苓丸(けいぶくりょうがん)

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

五苓散(ごれいさん)



この中から自分のPMS,PMDD合う漢方を見つけるには?

漢方は合う合わないがある?

意外と種類多いですね!私はこの中で加味逍遙散(かみしょうようさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を飲んだことがありますが、効果はありませんでした…(´;ω;`)

漢方って高いしマズイし、毎日続けるだけで本当に苦痛なうえに、効果がないなんて…ショック以外の何物でもありません。

だいたい処方されるときにお医者さんは「漢方は少しずつ効いてくるから」とか保険をかける言葉つきだったりしません?!

でも効果がないと続けるのは難しいです。まずいですし…。

話は少しそれるんですが、1年ほど前になかなか治らない風邪でとある内科を受診したことがあったんです。

そこで処方されたのが「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」を1週間分ほど、それを飲んでみるとのどがすーっとラクになったんです。

これにはもうびっくり!しかもマズイはずの漢方があまくておいしい…!二度びっくりです。

漢方と言えば長期間飲まされるもののはずなのに、即効性があったことにもびっくり…つまり三度びっくりしました。

その麦門冬湯のあとに病後の体力回復のために補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を処方されました。

これが一番の運命の出会いで、ほぼ毎日疲れて横になってばかりだったんですが、これを飲むと落ち切って底なしに思われた元気のなさに下からコツン!とレシーブされるみたいに元気が出て、身体が動くようになったんですよね。

長期間飲んでいるわけでもなくて、即効で効いたんです。

本当にすごい。漢方がこんなに効果が出るなんて知らなかったです。

その内科の先生は、医学部に入る前に薬学部をでてらしたので、薬・漢方にかなり造詣が深いかったんでしょうね。(めちゃくちゃコワイキツイ先生で診察室の空気は悪かったですが、本音をいう先生だったので個人的には好きでした。)

自分にピッタリ合う漢方を見つけてくれる良い先生がいれば、それに越したことはありません。

でも、なかなか巡り合えないし、正直なところ飲んでみないと分からない。

なので、加味逍遙散(かみしょうようさん)半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)桂枝茯苓丸(けいぶくりょうがん)桃核承気湯(とうかくじょうきとう)五苓散(ごれいさん)、この漢方を順番に飲んで探すのが、地道ですが、いちばんの近道だと思います。

※自己責任でお願いします。

PMS,PMDD向けのハーブはチェストベリー

最初は漢方で探してたんですが、ハーブでもPMS,PMDD向けのものがありました。その名もチェストベリー!

サプリと間違えてハーブティーを買ってしまったんですが、ルイボスティーとブレンドされていてけっこう美味しく飲むことが出来ました。

飲んでみた感想もけっこう良いです!(そう、良かったので記事に書こうと思ったのです。)

落ち込みがけっこう和らいでいます。助かる…!

びっくりしたのが、チェストベリーって女性ホルモンを整えてくれるみたいです。これだけだと、本当かよ?!って話なので

厚生労働省の総合医療発信サイトのチェストベリーの項目を引用しておきます。

チェストベリーは、何千年も前から主に女性の月経症状(生理痛)の緩和のためや母乳分泌促進のために使われてきました。今日でも依然として、月経前症候群などの月経に関する症状や更年期障害の症状、ある種の不妊症やざ瘡(にきび)に対して、民間療法または伝統療法として使われています。

乾燥成熟チェストベリーから液体や固体の抽出物を得て、カプセルや錠剤を製造しています。

 

科学的根拠

いくつかの研究では、チェストベリーに月経前症候群に対する効果があるということがわかっています。しかし大抵の研究は適切にデザインされていないので、確たる結論を導き出すことはできません。
チェストベリーが乳房痛やある種の不妊症に効果がある可能性を示唆する小規模試験がありますが、チェストベリーがこれらの症状に効果的かどうかの決め手となる信頼できる科学的根拠は十分ではありません。
NCCIHはチェストベリーに関する研究に助成しています。チェストベリーが体内でどのように作用し、月経前症候群の症状に効くのかを調査しています。

明確な科学的根拠はないようですが、効果は認められているようですね。

チェストベリー、ハーブティーですがなかなかよかったです。PMS,PMDDで辛い時に妊活を邪魔しないむしろ奨励されていたのもチェックポイントでした。

飲み続けてみます。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

3歳息子との3人家族。ゆるゆる自営業。
やんた3歳(やんちゃ小柄ボーイ/偏食/おやつ大好き)がなんとかご飯を食べてくれるように日々格闘するためブログを書き始める。
献立キットブログ中心に育児や生活に役立つことをお届け!

WEBライターのお仕事募集しています。

目次
閉じる